PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天の戸 純米大吟醸 夏田冬蔵 2010 吟の精40

夏田冬蔵 吟の精 2010 1

お正月に実家で呑んだお酒
『天の戸 純米大吟醸 夏田冬蔵(なつたふゆぞう) 2010 吟の精40』


「夏田冬蔵」は、「天の戸」醸造元・浅舞酒造さんで長年杜氏を務める森谷康市氏が、夏は田んぼで米を作り、冬は蔵で酒を醸すという蔵人の姿を表現した造語で、同名の著書(夏田冬蔵~新米杜氏の酒造り日記~)が1995年に出版されています。
「夏田冬蔵」の出版から15年が経ち、今年の冬も酒が造れるのも皆様のご愛顧のお陰という感謝と、今一度、原点に立ち返り、現在栽培する米の持ち味を確認する意味で酒を造りたいとの想いから生まれたのが「純米大吟醸 夏田冬蔵」とのことです。





夏田冬蔵 吟の精 2010 2

「夏田冬蔵」は、酒造年度表示ではなく、日本酒に詳しくない人にも分かりやすい西暦表示。
2009年の12月に第一弾が発売され、今回のが通算四番仕込みとなります。
蔵から5kmの田んぼで特別栽培した「吟の精」を40%に精米。
槽搾りの中取りを低温瓶熟成させたもの。

試験的・実験的要素も兼ねてるとの事で、使用米、製法等毎回異なるそうです。

・一号(2009年12月発売 吟の精火入れ)
・二号(2010年5月発売 酒こまち生原酒)
・三号(2010年10月発売 美郷錦火入れ)





夏田冬蔵カレンダー

今年もいただきました夏田冬蔵カレンダー。アリガトウゴザイマス

酒を造り、米を作り、文筆までこなす、マルチな才能を発揮される森谷杜氏ですが、写真もお得意で、ご自身で撮られた写真と文でカレンダーまで作ってます。



夏田冬蔵カレンダー2

その中にこんな事が書かれてました。
22BYからは全量純米蔵になるそうです。





夏田冬蔵 吟の精 2010 spec

・・・と、ここまで森谷杜氏の話ばかりですが、この第四弾は森谷杜氏ではなく、蔵の若手4人が研ぎ、麹、酒母、醪とそれぞれ担当し仕込んだもの。
森谷杜氏はほとんどノータッチで造られたとか。

搾った当初は、エグ味強く、荒い酒で不安要素いっぱいだったそうですが、熟成を経て「オイリー」な純米大吟醸にまとまってきた、と紹介されてたようで、日本酒に「オイリー?」とは何とも想像し難い表現。
しかし、最終的には森谷杜氏のお墨付き(出来の良くない時は出さない)で出荷されたものですから間違いは無いと思いますが、ともかく呑んでみなければ分かりません。



香りは穏やか。控えめに香る吟醸香。

しなやかな密度のある呑み口。
す~っと入ってきて、しっとり舌に絡む。

・・・ん?

入った瞬間は「無」な感じですが、すぐに豊かな旨味が「しゅわ~」っと広がる。
ドバッ!とかジュワ~っとではなく、刺身のトロが口の中で溶ける時のような味の広がり・・・
ま、あんなに脂っぽくはないんですけどね。
先に書いた、舌に絡むような感じと、この溶けるような広がりが「オイリー」なんでしょうか?

含み香も派手でない華やかさ。
序盤は甘味とほのかな酸味。
中盤からはやや苦辛味にシフトし、手に乗った雪がふっと融けるように綺麗に引いて行く。
濃厚ではないけれど、しっかりとした綺麗な酒質で旨いな。
次から次へと呑みたくなる。
この辺りはさすがに純米大吟醸だな~。



『天の戸 純米大吟醸 夏田冬蔵 2010 吟の精40』
■酒造会社:浅舞酒造株式会社(秋田県横手市平鹿町)
 創業:1917年(大正6年)
●原材料:吟の精(JA秋田ふるさと酒米研究会の特別栽培米)
●精米歩合:40%
●使用酵母:秋田今野酵母
●アルコール分:17度
●日本酒度:±0
●酸度:1.4
●アミノ酸度:0.7
●価格:1.8L/3,800円(税込) 720ml/1,900円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)






雪3

雪4

うちの方はすっかり融けちゃいましたが、実家の方はまだ雪が残ってました。
やっぱり雪の量と気温がだいぶ違うな~。


雪5

この日も寒かった。





夏田冬蔵おかず1

よく食べてよく寝ました





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 恐れ多い純米大吟醸・大吟醸 | 04:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

森谷さんは料理もお上手みたいですね。
秋田今野酵母、、最近多くなってきてますが、どのような特徴の酵母なのか??ググっても分かりませんね。
リンゴ系でしょうか?

| 酒呑親爺 | 2011/01/10 08:42 | URL | ≫ EDIT

吟の精って、エグミが出やすいっす。この難しい酒米に挑戦した若手4人衆もすごいっす。今年も吟の精で挑むそうですよー。

こちらは大雪で死にそうです(笑)

| たかりょう | 2011/01/10 09:10 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

森谷杜氏、酒粕料理なんかでdancyuにも載ってましたね~。
酒粕料理好きなので、一度ご相伴にあずかりたい。

我が家も今夜は粕汁です。
いい香りが漂ってます^^


秋田今野酵母は、秋田今野商店さんの酵母ですよね?
HP見ても、吟醸用に何種類もあるので、どれなんでしょ?
今回呑んだ夏田冬蔵は、リンゴよりは濃厚な甘い感じの香りでしたが、特別香り高いタイプでは無かったように思います。
味を邪魔しない程度の吟醸香かな。

| ノミ太蔵 | 2011/01/10 18:28 | URL | ≫ EDIT

>たかりょうさん

そんな難しい米なんですか。
今年の造りも夏田冬蔵ブログで紹介されてましたね。
大雪具合も^^;

| ノミ太蔵 | 2011/01/11 01:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/914-8d1abe66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。