PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風が吹く 山廃仕込純米吟醸生酒 うすにごり 22BY

東北地方太平洋沖地震 義援金


風が吹く 山廃しずく1

『風が吹く 山廃仕込純米吟醸生酒 うすにごり 22BY』

福島県会津美里町「白井酒造店」のお酒。
250石規模の小蔵ですが、創業は明和2年(1765年)と歴史があります。
主銘柄は「宮川屋 萬代芳」。



風が吹く 山廃しずく2
面白い字ですね。
まさに風が「ひゅる~ん」と吹き抜けるかのようなイメージ。

「風が吹く」の由来は・・・と調べてたら、ある酒屋さんのサイトにこの題字についての説明がありました。
新シリーズの銘柄を何にしようかと考えていた蔵元が、ある料理屋の障子に貼ってある書を見てビビーン!と来た。「これだ!」黄金色の稲穂が風に揺れる、そんな情景の浮かぶような酒を造りたい。
なんでもこの書は料理屋のご主人が自ら書かれたもの。ならば、とお願いして障子をはがし、酒名・ラベルになったそうです。

「宮川屋 萬代芳」が火入れ、「風が吹く」が生酒と分けられているようです。



風が吹く 山廃しずく3

原料米には地元、自然農法「風」の会によって栽培されたJAS認定会津産無農薬有機栽培の五百万石。
酵母は「M310」(10号酵母の改良版)。



香りは控えめ。ほのかに甘酸っぱく香ります。
うすにごりだけど滓は少なめですね。よ~く見ると霞んでるかな?くらい。

酸味主体で、トロリとした口当たり?
何と言うんでしょう。サラリとしてるようで、湿り気のある「ねっとり感」があるんですね。
派手さの無い、果実様の甘熟味と苦渋味が混ざった深みのある味が、舌の上で「ひゅる~ん」と舞い踊ります。

山廃だけど「らしさ」は少なく、気付かずに呑んじゃいそうなスルスルさ。
しかしながら、よく練れた感のある味は、やはり山廃故かと感じさせます。
濃厚でないけど、いい具合に旨味、深みがありますね~。


燗をつけると甘旨味がゆる~り溶け出しまろやかさUP。
「ひゅる~ん」な風が「にゅる~ん」になった。
これもいいですよ~。

突出した個性がある訳でもなく、ど~んと強い山廃でもない。
ともすれば没個性的な地味な酒になりそうなのに、不思議と気になる味。


会津の田園を吹く風を感じるような、米の素性の良さを自然に味わえる、いいお酒でした。




■酒造会社:合資会社白井酒造店
 〒969-6251 福島県大沼郡会津美里町永井野字中町1862番地
 TEL.0242(54)3022 FAX.0242(54)4867
 創業:明和2年(1765年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(会津産有機栽培 JAS認定)
 自然農法『風』の会栽培
●精米歩合:50%
●使用酵母:M310(明利酵母)
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:+3
●酸度:1.6
●アミノ酸度:?
●杜氏:高橋恒雄(南部杜氏)
●製造年月:2011年(H23年)3月
●価格:1.8L/3,150円(税込) 720ml/1,575円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



風が吹く 山廃しずく4
お土産に貰った鰹の生節と。
ちなみに今、我が家ではお姉ちゃんが「風邪をひく」です^^;





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

風が吹く、気にしているお酒ですが呑んだ事がありません。
1日に会津若松に行ったときにもありましたけど、
レマコム満の為泣く泣く諦めました。
不思議と気になる味のお酒、次に会津に行ったとき買ってこよう。

| 年三 | 2011/05/25 23:26 | URL | ≫ EDIT

文字は黄金色だけでしたっけ?
でも、ベースのラベルの色は、結構あったかな??
親爺はこのラベル文字には、ビビーンとこないのですよ。
萬代芳のほうに、少し、ビビッと来ます。
でも、こういう(文字)色のラベルって撮るの難しいのに、、さすがに良いカメラだ。(笑

| 酒呑親爺 | 2011/05/26 19:59 | URL | ≫ EDIT

最近ようやく山廃呑めるようになりました。(笑
この記事を読むと,「風が吹く」美味しくいただけそうです。
カツオの生節,これ,旨いですよね。大好きです。
最高のつまみですね。たまりません。

| 星矢馬鹿酒 | 2011/05/26 22:23 | URL | ≫ EDIT

>年三さん

丁寧に造られた自然派のお酒って感じですね。
次は山廃じゃないのも呑んでみたいです。

冷蔵庫の都合で諦めるのはつらいですね。
ノミ太蔵の場合は大抵小遣いの都合で諦めてます^^;

| ノミ太蔵 | 2011/05/27 06:26 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

なんか色違いがいっぱいあるみたいです。
取りあえずゴージャスそうなのから手を出してみました。

金ピカ撮影しづらいですね。
特にピンクピカピカ系は一番苦手みたいです。
これも頑張って補正しましたよ。

| ノミ太蔵 | 2011/05/27 06:32 | URL | ≫ EDIT

>星矢馬鹿酒さん

ノミ太蔵は山廃で地酒にはまりました^^
この「風が吹く」は、全く山廃のクセを感じないお酒でしたね。
でも速醸にはない深みも感じられます。
機会がありましたらお試しを。

生節、ぎゅ~っと詰まった旨味がいいですねぇ。

| ノミ太蔵 | 2011/05/27 06:37 | URL | ≫ EDIT

こちらのラベル見ると、瓶の中に吸い込まれるような感じがしますw
とても力強いですね。
「ねっとり感」がある酒、自分結構好きです。
鰹の生節と風が吹く、あぁ…美味そうです。

| namesan56 | 2011/05/27 20:45 | URL | ≫ EDIT

>namesan56さん

>こちらのラベル見ると、瓶の中に吸い込まれるような感じがしますw

わはは~、これ見ながら呑むと酔うの早いかも(笑
ねっとりしてるけど重く無くナチュラルなお酒でした。
派手さの無い味と、生節の組み合わせはグーですよ^^

| ノミ太蔵 | 2011/05/28 22:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/962-c685e9c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。